熱帯魚を飼ってみよう
HOME > レッドビーシュリンプ/サンゴの魅力

レッドビーシュリンプ/サンゴの魅力

魚だけではなく、観察して楽しめるレッドビーシュリンプも最近人気を呼んでいます。 レッドビーシュリンプとは中国にいたえびを改良し、何代もかけあわせ、赤白の模様がきれいな淡水エビの事を言います。 基本的には何匹も飼うものではなくオスを1匹飼うというのが好ましいです。 水質の変化にはとても敏感なので水槽の状態を整えてから買いにいったほうがいいでしょう。 弱酸性の水質を好むので砂利をひくのではなくエビ用のソイルというものを使用しましょう。

人気のレッドビーシュリンプを育てる①

レッドビーを飼うと決めて、すぐにショップに走らないで、まずは住みかとなる水槽を作ろう。エビは水質にデリケートなので、まずは水槽など周囲の器具類を購入...

人気のレッドビーシュリンプを育てる③~隠れ家づくり

流木にウィローモスを活着させるには、流木の上にウィローモスを巻き付けて、木綿糸などを巻いておくとつけやすい。糸はそのままでいい。水草は奥の方から手...

人気のレッドビーシュリンプを育てる⑤~水換え

60センチの水槽なら、水換えは一日コップ2杯ほどで済む。計量カップを2つ用意して、一つは前日に400mlを準備し、次の日に水槽の水を400mlを捨てて...

海水魚水槽でサンゴ礁の海を再現①

淡水魚である熱帯魚とは飼育方法が難しく、手間がかかるため敬遠しがちだが、最近では用品や飼育技術の進歩で飼いやすくなった。手間がかかる分、醍醐...

水槽内の小さなアクセサリー

熱帯魚の水槽を彩ってくれるのは、水草だけではありません。貝類(スネール)やエビ類も、水槽を楽しくするアクセサリーとして人気があります。彼らは丈夫で水...

人気の無脊椎動物

熱帯魚の水槽で水草がブームを呼んでいるように、海水魚の水槽ではサンゴやイソギンチャク、エビ、ヒトデといった無脊椎動物が人気を集めています。水族館...

水草中心のレイアウト

自分流に水槽内の配置を考えて、好きなレイアウトを作り上げていきましょう。水草を沢山植え込んだ水槽は、グリーン中心の落ち着いた印象の水槽となり、小...

照明器具にもこだわる

熱帯魚の美しさを引き立たせるためには照明も重要です。明るさや発熱の少なさから考えて、家庭用のアクアリウムに1番適しているのは蛍光灯です。アクアリ...

Page Top