熱帯魚を飼ってみよう
HOMEレッドビーシュリンプ/サンゴの魅力 > 照明器具にもこだわる

照明器具にもこだわる

熱帯魚の美しさを引き立たせるためには照明も重要です。明るさや発熱の少なさから考えて、家庭用のアクアリウムに1番適しているのは蛍光灯です。アクアリウム向けのものが多数販売されているので、水槽のレイアウトと調和するものを選びましょう。

照明を使用する上での注意事項

照明時間は1日8~12時間にしておきましょう。光で照らしすぎるとコケの発生が早くなり水槽内の環境に影響します。反対に光が不足すると水草の発育が悪くなり枯れてしまいます。毎日一定のサイクルで点けたり消したりするようにするのが良いです。

適切な砂を選ぶ

水槽の底に敷く砂は見た目の安定感をもたらす上、バクテリアの棲家となりろ過能力を高めてくれます。熱帯魚用には、硅砂や南国砂、海水魚用にはサンゴ砂がそれぞれ適しています。水質に影響するので、正しい砂選びをしましょう。

そのほかのアクセサリー

生態系には直接関係しませんが、水槽の中をおしゃれに見せてくれる品も多数販売されています。土管やツボは海底の雰囲気を出す上、魚が隠れるのに最適です。またミニチュアの橋や小さな岩を置いてみるのもいいかもしれません。

Page Top