熱帯魚を飼ってみよう
HOME水草/テラリウムを楽しもう > 水草のいろいろ

水草のいろいろ

水草は、水槽に彩りを与えて見た目を美しくしてくれますが、それだけではありません。魚たちの吐き出す炭酸ガスを吸収して酸素に換え、フンなどを養分として取り込むので、水を綺麗にしてくれるのです。水槽の環境向上のために欠かせません。

どんな水草がよいか

水草も熱帯魚と同様、水中の環境に敏感です。基本的に弱酸性を好み、種類によってはアルカリ性の水に特に弱いものもあるので注意して育てましょう。価格も非常に安いものから数万円単位のものまで様々です。

種類は200以上

現在、熱帯魚用に市販されている水草は200種類以上に上ります。海外からたくさんの種類が輸入されるようになり、最近では水草そのものの美しさから「観葉植物」としての人気も高まっています。水草は、大きく4つに分けられます。

大きく4つに分けられる

根が水底にあり、茎葉が水面より上に出ている挺水植物。根は水底、水中に茎や葉をもつが浮葉も出すものが浮葉植物。全体が水の中に沈んでおり、水中葉だけを持つのが沈水植物。全体が水面に浮いているのが浮き草です。以上のように4つに分類されます。

Page Top