熱帯魚を飼ってみよう
HOME水草/テラリウムを楽しもう > ジャイアント・サジタリア

ジャイアント・サジタリア

サジタリアの仲間のなかでも大型のものになる。尖っていて直線的な葉は幅が広く、男性的で力強い印象を与える。大きくなると葉は20センチに達する。ひとまわり小さい他のサジタリアと合わせるとおしゃれだろう。

ジャイアント・バリステリア

細長いテープ状が特徴のバリステリアの中でもとりわけ大型のもの。やや肉厚の葉は150センチほどにもなる。スクリューホバリステリアがこの仲間で琵琶湖に自生している。こちらはそれほど大きくはないが、らせん状の葉が美しい。

タイニムファ

こちらは赤茶色で趣のある葉が特徴。水槽内のアクセントに使いやすい。浮葉を出しやすいが、根を定期的にカットすることで水中の葉の数を多くすることが出来る。非常に柔らかいので、強い草食性の魚のいる水槽には向かない。

ツーテンプル

テープ状の細長い葉が密に対生している。20センチ以上にもなる葉がゆらゆらと揺れる様子は優雅な眺め。丈夫だがかなり大きくなってしまうので、初めは小さくても大型の水槽で育てることをおすすめする。

Page Top