熱帯魚を飼ってみよう
HOME小型の魚にこだわってみよう > おすすめ♪ちっちゃなサカナたち

おすすめ♪ちっちゃなサカナたち

小型共生ハゼやベニハゼなど、大き目の水槽ではちょっと観察しづらい魚も、小型水槽なら目の届く範囲で見られる。大きな水槽では観察しづらい魚こそ、小型水槽でじっくり観察してみると面白い。また、魚だけではなく、カクレエビやヤドカリの飼育も面白く、魚に比べると水を汚しにくいのが利点である。特にヤドカリは、観賞用と残餌処理用としても飼育できるので一石二鳥である。これらも小さな水槽だから飼える。

小さな魚の観察がしやすい。

大きな魚も良いが、小さな魚たちも面白い。小型水槽で小さい魚を飼うと、よく観察できるので、大きめの水槽に入れるとわかりにくい魚の生態などがじっくり見られるのが楽しい。

おすすめ♪ちっちゃなサンゴたち

小型水槽向きのサンゴの条件は、まず丈夫であることで、多少の水質変化に強い種類が求められている。もし大きくなっても枝を切ったりして簡単に小さくできるものがベスト。向いているのはバブルディスクやアワサンゴ類があげられる。ごく少ないサンゴで十分なレイアウトが可能で、場合によっては、1個のサンゴでレイアウトが完成することもある。このレイアウトのやり方などが異なるのが小型水槽の面白さである。

丈夫なことと、大きくならないのを選ぶと良い。

小ぶりなサンゴ自体をショップで見つけるのが難しいので、自分の水槽で増えたものを使ったり、また、ショップで傷んでいるものを安く飼って、部分的に活用したりして工夫が出来るのが楽しい。

Page Top