熱帯魚を飼ってみよう
HOME初めての熱帯魚飼育 > 魚の特性を知る

魚の特性を知る

いっけんどの魚も何気なく水中をさまよっているように見えますが、それぞれの特徴があり、それを把握した上で飼育することが重要です。また複数の種類を飼う時には互いの相性なども考慮する必要があり、ある程度の知識が必要です。

混育のポイント②

おとなしい魚や臆病な性格の魚は水槽に先に住まわせておき、後から入る魚に対して「先輩格」に仕立て上げます。おもしろい事に魚の世界にも動物のような社会性があり、このようにするとバランスが取れるのです。

活発な魚・穏やかな魚

アーチャーフィッシュやシルバーシャークの仲間は、いつも水面近くを泳いでいて、時にはジャンプすることもある、活動的な魚です。対してアルジイーターなどは水底にいてあまり動かないのが特徴なので、元気が無いように見えてもあまり心配することはありません。

混育のポイント③

臆病なタイプの魚を飼うときのポイントはいくつかあり、特に神経質な魚には隠れ場所が必要です。水草や岩、流木、飾りサンゴを複雑なレイアウトになるように配置して、魚の隠れ場所を作ってあげましょう。

Page Top