熱帯魚を飼ってみよう
HOME初めての熱帯魚飼育 > 攻撃的な魚

攻撃的な魚

アストロノータス、パンチャック・リニアタスなどは肉食で小さな魚を食べてしまうので注意が必要です。また食べることは無くとも、ベタやスマトラは他の魚のヒレをかじったりする習性があるので、組み合わせを考えて飼いましょう。

混育のポイント④

水の中のどのあたりの位置を好んで泳ぐのかも魚によって様々です。水面近くを好む魚には水底を好む魚と同居させると、お互いの活動領域を侵すことなく、水槽のスペースをフルに活用して飼うことができるわけです。

混育水槽が楽しい

本来であれば、一つの水槽には一種類の魚を飼うのが理想的です。しかし一般家庭では難しいですし、数種類を混泳させたほうが圧倒的に見た目が華やかになります。いくつかのポイントを知り、上手に混泳させましょう。

混育のポイント⑤

活発に泳ぎ回るタイプとゆったり動くタイプの混育も極力避けます。ゆったりタイプの魚がペースを崩されて、エサを十分に食べることが出来なくなったり、体調を崩しやすくなってしまいます。水槽内の環境には常に気を配ってあげましょう。

Page Top