熱帯魚を飼ってみよう
HOMEビギナー必見★基本の熱帯魚 > カラシンの仲間

カラシンの仲間

テトラと呼ばれる種類の仲間は、小型カラシンとも呼ばれる。色彩や形態などバラエティーに富んでいて人気が高く、東南アジアで繁殖された個体が平均的に入荷され、手ごろな価格で出回っている。中には「珍カラ」と呼ばれる正体不明の珍しいカラシンをコレクションするマニアックな楽しみ方ができる。ネオン・テトラは古くから親しまれてきた熱帯魚の代表的な存在である。ただ繁殖が難しい。他にもいろいろな種類のテトラがある。

古くからアクアリウムで親しまれてきたグループ

カラシンの仲間たちは、種類が非常に多く、ネオン、テトラなどの小型のものから、ピラニアなどの大型のものまで含まれる。飼育にもバリエーションが出来るのもこの仲間なので、是非手に入れて飼ってみたい。

コイの仲間

コイの仲間はアクアリウム・フィッシュの1グループを占めるのがコイ科の仲間である。ラスボラ種は、体色が美しく、小型の種類が多い。その形にコレクション性が高い。性格が穏和で群泳し、草食性もないので、水草レイアウトにぴったりである。魚種を選べば十分に混泳することができる。ラズボラ・ヘテロモルファといえばこの魚を指す場合がある。一番多いのがキンセン・ラズボラで、丈夫で飼いやすい渋めの美魚である。

小型カラシンと人気を分ける。

小型カラシンと二分する人気を集める仲間で、ビギナー向きでもある。コイの仲間は東南アジアを中心に多くの種類が分布している。特に人気のあるのがラスボラ類で、体色が美しい。

Page Top