熱帯魚を飼ってみよう

熱帯魚鑑賞で和む

見た目がきれいでとても癒される熱帯魚。様々な種類がある熱帯魚は、専門店などの店頭で売られている。

生息地域は熱帯地域が主で、飼育する際は水槽の中で飼って観賞することが多いだろう。家などでよく飼われている人気の魚のメダカや金魚は、熱帯魚とは別のくくりとなるようだ。

さまざまな種類がある熱帯魚だが、きっと目にしたことがある人多いかもしれない。店頭などで眺めているときれいでつい見とれてしまう。値段は安いものから高いものまであり、貴重な熱帯魚はきっと高くなっていることだろう。初心者の方は値段が安い手軽なものから飼育をはじめてみるといいかもしれない。

熱帯魚を飼育するにあたって、水槽、餌などその他に必要なものが出てくるだろう。自分の家などで飼育する場合は部屋の大きさに合った水槽のサイズを設置するとよさそうだ。あらかじめスペースを確保しておいた方がいいだろう。

いよいよ熱帯魚を水槽に入れ飼育し始めると、次に管理をしていかなければならない。健康に育ててあげるため、餌を上げたり、水槽内の環境も整える必要があるだろう。
毎日大事に育ててあげることで愛着がわき、きっとかわいいペットのような存在となるかもしれない。

また、熱帯魚の飼育に慣れてきたら、新しい熱帯魚をいれて雰囲気を変えてみるのも楽しみの一つだろう。

おすすめの熱帯魚

1980年代、家で飼われている魚というとメダカが金魚が主流でした。ですが1990年代に入って見た目が鮮やかな熱帯魚ブームが起こり、さまざまな熱帯魚が販売さ始めました。

なかでも、一番人気は「グッピー」という熱帯魚で、飼育されている数も一番だそうです。

私のおすすめは「カクレクマノミ」という熱帯魚で、ディズニーピクサーの映画『ファインディング・ニモ』のモデルとなった種類の熱帯魚で、体長が大きい個体でも10センチに満たない小型の熱帯魚です。見た目はオレンジ色のボディに3本の白いラインがあり、尾びれや背びれのふちが黒くなっています。

もともとの見た目もかわいいのもあって、映画の公開を機に人気が出て一気に飼育されている数が増えました。水族館でも一躍人気になり、とある水族館ではカクレクマノミがいる水槽の前に人が集まり、鑑賞を規制したらしいです。

カクレクマノミが野生で海を泳いでた頃は、イソギンチャクを住処にしていたので、飼育するときはイソギンチャクを入れてあげるといいでしょう。

他にも色々な熱帯魚がいます。あなたはどの熱帯魚を選びますか?

Page Top